ダイエットプーアール茶の口コミーお茶で痩せる!

ochadiet

 

中国茶では価格帯からしてもウーロン茶がポピュラー、輸入のウーロン茶が流行り始めて飲んだときは発酵茶の渋みというのか、味が印象的でした。
日常で飲むお茶の類では風味が飲みやすいブレンド茶や、ティータイムの言葉がぴったりのコーヒーや紅茶なので、中国茶を飲む回数は少ないですけれど。

 

発酵茶ですから、ダイエットや腸内環境に効果があるというので興味はあり、国内で発売当初飲んだときは渋みの味がお腹をすっきりしたりの成分と感じました。
中国茶ではポピュラーなウーロン茶も黒茶とよばれるプーアル茶も、最近では国内栽培の茶葉で国内製造するプーアル茶という商品があるそうです。
輸入物の発酵茶では渋みが特徴でこの点を日本人好みに製造、本場の渋みが好みで効果とすればこちらの方がよいと感じたら産地を確認して飲んでみることですね。
プーアル茶はネット検索してみると名称が3通りくらいあって、文中に使用した「プーアル」や「プーアール」とか「ぷあーる」という読み方になっています。
漢字ではお茶メーカーのHPにあったのが普?茶、文字表記としてはどれで検索してもありますので、ぷあーるでもプーアールでもいい様です。
特徴の点で中国茶は発酵が進むほどに身体を温める効果が高まるお茶、茶葉で購入するなら渋みが少なくまろやかな国産熟茶がよさそうです。

 

発酵が進むほどに温め効果があるというプーアル茶は、ワインにたとえるならば年代物になるほど高級というヴィンテージワイン。
食事中や食後の一杯として飲めばダイエット効果の感じですが、じっくり発酵・熟成しているプーアル茶は胃腸を活性化し、腸内環境がアップしたところで免疫機能も高まる効果があります。

 

腸内環境がよければ免疫力アップすることから冷え性改善にも、発売当初のような渋みだと健康茶といっても毎日飲みませんが、国内産は通販もあり飲んでみたいと思えるお茶です。胃腸に作用してクリアな身体にし、内側からぽかぽかとあったかくなる効果で免疫力もアップ、ダイエット効果というよりアンチエイジングのお茶ですね。

 

プーアル茶は中国雲南省原産の中国茶です。中国茶には緑茶、青茶、紅茶、黄茶、白茶、黒茶の6種類がありますが、プーアル茶は体にやさしく最も健康に良いとされる黒茶の1つです。なぜ黒茶が体に良いかというと、2回発酵して作られることで体への刺激が少なくなり、また没食子酸が生成されることで体の脂肪の吸収を抑える働きができるからです。
プーアル茶の最大の効能として知られているのは、何といってもダイエット効果です。体内への脂肪の吸収を抑えると同時にすでに付いてしまっている体内の中性脂肪を燃焼しやすくする働きがあり、このダブルの作用でダイエットをサポートするのです。
体内に入った脂肪は胆汁によって乳化されてから吸収されるわけですが、プーアル茶に含まれている没食子酸と重合カテキンが胆汁に結合して胆汁の働きを抑え、脂肪が胆汁により乳化されるのを妨げます。この重合カテキンは日本の緑茶には含まれていない成分であり、日本茶よりも効果が高いとされています。その結果脂肪は分解されないまま体外に排出されることになります。こうして脂肪が体内に吸収されるのを抑えることができます。
一度ついてしまった脂肪を運動などで減少させようとしても、まず血液中の糖分などが先に消費されるだけでなかなか落ちないものです。しかしプーアル茶に多く含まれるリパーゼは体内の中性脂肪に働きかけて燃焼されやすい遊離脂肪酸に変える働きがあります。その結果有酸素運動などにより燃焼されてダイエット効果が大いに期待できるのです。

 

こうした効果は近年話題となっている生活習慣病の予防にも効果が高いといわれています。
これらダイエット効果のほかにもプーアル茶に多く含まれているポリフェノールによって腸内環境が改善されたり、豊富なアミノ酸が含まれていることからアンチエイジング効果も大いに期待できます。プーアル茶にはカフェインが含まれていますから妊娠や授乳中には注意したいものですが、緑茶の半分程度の含有量ですのでそれほど気にする必要はないでしょう。

 

高校の時のダイエットを成功させた方法

 

私が高校2年生の頃の話をさせていただきたいと思います。
当時、私はなぜか自分は絶対に太らない!だってお父さんが太らない体質だから。と本気で思い込んでおりました。だから、1日の食事回数は7、8回あったのではないかと思います。もちろん軽食ではありません。まず朝食に丼ぶり、10時すぎにカレーパン、昼食にお弁当2つ、おやつに菓子パン2つ、夕食は大盛り、夜食にラーメン、、とざっとこんな感じでした。こんな生活をなんと半年も続けていたのです。そうです。もうお気づきかと思われますが、私が気づいた頃には既に10キロ体重が増加していたのです。あまりにも自分を過信していたのです。昔から細いことぐらいが取り柄だったのに、、、。ところが私はしばらくの間、自分が太った自覚が全くなかったのです。写真を撮られた際に少し丸くなったかなぁぐらいでした。しかし遂に現実を知らされる時が来たのです。いつものように洗面所で歯を磨いていた時のことです。ふと弟がやってきて強烈な一言を浴びせられました。今でも忘れられません。『お前の後ろ姿やばいで!』でした。一瞬私は何の事か分かりませんでした。続けて、『鏡見た?体重計乗ってみ。』と。私はその時に初めて事の重大さに気づいたのです。そして悔しくてその日から、ダイエットを決意しました。まず簡単な事から始めようと思い、毎日少しづつ食べる回数を減らしました。慣れたきた頃に、食事のメニューをささみ中心に変えていったのです。ささみサラダ、ささみのたたき、ささみのスープなど、飽きのこないように毎日クックパッドとにらめっこでした。それから体重の減る楽しみに気づき、食後はウォーキングを始めました。家の周りを5周歩くだけの、自分にとって全く無理のない運動方法を選びました。またアルバイトも始めたことも重なり、ストレスと動き回る環境が必然的にでき、みるみるうちに私の体は細くなっていったのです。それから3ヶ月後ぐらい経った頃から受験勉強もあり食べる時間さえも惜しむことが増えたのもあり、私は半年で10キロ落とすことに成功したのです。体重計に乗って数字を見た時の感動は今も忘れられません。あれだけ食中心で生きてきた私なのに、今ではすっかり少食になってしまいました。でもあれだけの量を食べたらそりゃ太るよなぁ。と今では家族で笑い話となっています。今思い返すととんでもなく辛い日々だったと思います。もう二度とこんな経験はしたくないです。

 

 

急なダイエットには”水分抜きダイエット”で決まり!?

ochaa
普段の何気ない生活を送る中で急にウエストがきつくてズボンが入らない時があると思います。
しかし、どうしても数日後に出かけなければいけない時もあり、
そういう時はズボンを直そうかなどと悩んでしまいます。
冠婚葬祭や行事やバーティーなどは日にちも決まっていますし、
急遽キャンセルするわけには行きません。
そこで短期間でBMIをどうしても低くしたい方には水分抜きダイエットをおすすめします。
BMIを下げるとウエストも絞れます。

 

そこで水分抜きダイエットの全容は、水分を摂取しないダイエットではありません。
水分を取らないと脱水症状を引き起こし倒れる可能性があるので絶対に辞めて下さい。
余分な水分を体から抜き、重さと体積を若干落とすダイエットの事です。
その方法はいくらでもあります。
例えば、近所の銭湯へ行き、サウナに入り浸って汗を流し続ける方法もあります。
その方法も可能です。
しかし、そんなに外へ出向いて行い続ける程、暇ではない筈です。
もっと身近に方法がほしいと思います。
そこで入浴を活用しましょう。
しかし、ただの入浴ではなく一日2回の朝晩入り、
そして尚且つ、各入浴の際に小休憩を入れて一日4回入浴する方法です。
この方法は絶対に体重の数値は落ちます。
しかし、綺麗に痩せるという方法ではなく、急な時に入らないスボンを入るようにしたりする方法です。
この入浴方法は、何度も入浴するので発汗量は半端ではないです。
そこで注意したいことは、小休憩の時には必ず水を飲んでください。
そうしないと脱水症状で倒れます。

少しでも体を絞る為に水分摂取をやめようと考えると思いますが、
休憩時にしっかりと水分を補給したとしても一日を通しての発汗量が上回る場合がほとんどなので飲んで下さい。
3〜4日もあれば1〜2kgは下がる筈です。
でもどのダイエットでも気を付けたい事はその方法を試している安心感から、
食べる量を増やしたり抑制をするどころか、
むしろ増やしてしまう方が多い傾向にあります。
そういう事はプラスマイナスの理論であり、結局は欲望に軍配が上がり太ってしまうケースがほとんどです。
食べる量は必ず1人前にしましょう。
人それぞれ痩せる期間や理由が異なり、それに合った方法論を持つことが大切です。
この水抜きダイエットをする方は急にウエストや体重を落としたい方のみです。
健康的で綺麗にダイエットをしようとする方は辞めた方が良いです。
それと健康に自信のない方もこの方法は避けましょう。ただし、ダイエットプーアール茶は飲んだ方が良いですよ!

 

参考元商品はこちら

 

ダイエットプーアール茶