日本では普?茶というお茶の名前をプーアル茶と読みますが、香港やマカオではこのお茶をポーレイ茶と呼んでいます。これは単純に北京語の発音と広東語の発音の違いですが、日本から旅行に行って、日本語で書かれたメニューを見せられて「プーアル茶」はこの店には置いていないのかな、と思う方も多いようです。また香港とマカオが中国に返還された今日では北京語を理解できる店員さんも多いので、多少なりとも中国語を勉強された方なら声に出して「プーアル茶」と注文されれば、このお茶は出てきますが、それでもおそらく店員さんが厨房に注文を告げる際には「ポーレイ茶!」と大声で叫ぶことでしょう。

 

 ところでこのプーアル茶ですが、香港の地元の方々は食事中にそれこそ浴びるように飲み続けます。本当なのか、あるいは迷信なのかは分かりませんが、地元の方に聞くと料理に含まれる動物性の脂肪分をお腹の中から排出してくれるという事です。確かに広東料理には魚料理もありますが、ラードなど動物性の油を使った料理が多いですから動物性の脂肪は吸収される前に少しでも体の外に出してくれた方が健康のためにもいいですよね。

 

 その上に香港やマカオではほとんどのレストランでお茶はお代り自由です。これは地元の人が毎日食事をするようなレストランでも、観光客がごちそうを食べる高級レストランでも同じで、空になったティーポットのふたを開けておくと、店員さんが新しいお茶を持ってきてくれますから遠慮なくお代りして下さい。

 

 また地元の方々の間では、同席されている方の湯呑みが空になるとお茶を足してくれるのですが、その際に指をそろえて軽くテーブルを何度も叩きます。これにはお礼の意味が含まれているそうで、お代りのお茶を注いでくれた方の湯呑みが空になると、今度は前に注がれた方が、お代りを注ぎ返すというのが礼儀なのだそうです。もし香港やマカオ、あるいは中国広東省に行かれて地元の方と食事をする機会があったら、是非試してみてください。土地の文化を知っている人だと思ってもらえ、喜ばれることでしょう。